日本子育て力検定協会のママスクール

ヘッダー.jpg

ママ スクール


ママスクールで学んだママたちの言葉です。

「ここのことは誰にも教えたくない」

「損をするから」

「誰にも知られたくない」

「よその子が良くなっちゃうと嫌だから」

だから「ママスクール」や「ママスクールで教えている内容」は話題になりません。
学んだママ達は秘密にしているからです。
でも「ママスクール」としては困ります。
だから「ママスクール」のことをHPで知っていただくしかありません。

ママスクールは子どもを幸せにする、
「子育てのノウハウ」をわかりやすく学べるスクールです。

さらに、今悩んでいる問題を解決すことができます。
そして、これから始まる「新時代の子育て」についても詳しく知ることができます。

ママスクールで学べる3つのテーマ


1、子育ての心配や不安をなくしたい。
  ママと子がともに幸せになる子育てを知りたい。


2、現在、子どものことで困っていることを解決したい。


3、2020年の大学入試システムの大変革の意味や目的を
  知りたい。
  それらに対応した「新時代の子育て」を知りたい。




7人の子のママも学ばれました!
そのママは「もっと早く知っていれば…、この内容は本当に自分に役立つので、
自分でも教えることができるようになりたい…」といっ、
て多忙な子育ての合間をぬって何度も参加されました。





HU123.jpg


「ママスクール」は、
ママと子が幸せになる子育てをするために必須のノウハウばかりです。
「テキスト」が分かりやすいと大好評をいただいています。
また特別資料が良い、と喜ばれています。




AN0赤ちゃん.jpg


今、0~9歳児の子育てを行っているママに必ず知っておいてほしいことがあります。
それは、2020年度から変わる「大学入試制度の大変換」が意味すること。
そして、その目的などです。
それを知らないと、時代遅れの子育てになってしまい、
あとで子どもから恨まれてしまうことになるからです。
もし10~12歳前後の子なら、できるだけ早く知ってほしいものです。
まだ間に合います。
13~15歳の子だと、今、すぐにやっておくべきことがあります。


子育てとは「ママと子が幸せになるためにおこなうもの」です。

ところが多くのママは、自分の思い通りに育てようとします。
でも多くは、子育てで大切なこと、やるべきこと、やってはいけないことなど、
ほとんど学ばずに自分の基準や経験、価値観で育てようとします。
そして問題なのは、これから、子どもの評価基準が変わり、
これまでの子育てが全く通用しない時代になるのに対応できないことです。


例えば
・子どもとともに幸せになる育て方を知っていますか?

 子育てには、0~3歳期、4~6歳期など5期わたってやらなければならいことがあり、
やってはいけないことがあります。でも多くのママは知りません。
だから、良い学校に入れるために暗記力、記憶力、計算力を高め、学力を高めるために、
塾や教室に通わせて、良い成績をとらせることを子育ての目的にしているケースが多いものです。
それは子育ての目的という基本的なことすら勘違いしているとことを表してします。
今、暗記力、記憶力、計算力、学力を高めるだけの育て方をされた数百万人の子どもたち、
成人になった子たち、そしてその家族が苦悩しています。
そうならないように、後で後悔しないように、
知っていれば簡単にできることばかりなので知っておいてほしいものです。

・子どもの問題やトラブルを好転させる方法を知っていますか・

 子育てには、やらなければならいことがあり、やってはいけないことがあります。
でも多くのママは知りません。
そして多くの親が暗記力、記憶力、計算力を高め、学力を高めるために、
塾や教室に通わせて良い成績をとらせる子育てを行ってきました。
その結果、29歳未満の引きこもりが約79万人、30歳以上を含めると百万人以上に及ぶと、
厚労省が公表「2018年3月」しました。
家庭内暴力や器物破損など(犯罪的行為)は、
数百万件以上発生していると思われます。
でもそのような不幸な状態になってもなんの手を打てず、
悪化させてついには放置するしかないケースが圧倒的に多いのです。
乱暴になった子、引きこもりになった子、依存症になった子、自信のない子、
自分探しをする子、全部親が育ててきた子なんです。

ところが問題を抱えた子のほとんどは、いがいと早く好転させることができます。
そのようなこともぜひ知ってほしいものです。


・2020年から始まる大学入試制度が大変革します。
 その意味や目的、対応を知っていますか?

親からやらなければならいことをせず、やってはいけないことを続けられた子は成長すると、
偏った若者、大人になりやすいものです。
自分では思考できず、指示待ち、答え探し、無気力、依存型の若者、大人になってしまいます。
実際、企業では学歴や出身校の評価と仕事力が比例せず、逆なケースが多くて深刻な問題になっています。
それが、これまでの塾や教室に通わせて良い成績を取らせる、
受験力主体の育て方に問題があることに国が気づいたのです。

実は、2018年からの大学入試制度の大改革は、これまでの暗記力、記憶力、
計算力を評価の基準にするのではなくて、健やかな思考力や判断力、表現力、
そして技能などを評価の基準とするものです。
それには大切な2つの意味と目的があります。

「新時代の育て方」が求められる意味や目的、そして「その育て方」なども、ぜひ知ってほしいものです。


ママスクールでは、上記の3つのテーマのすべてを学べます。




ママと子を幸せにする子育てのノウハウ1

名称未設定-6.png

教室講座では、テキストを使った授業です。
定員は6名です。
授業後、希望する方の個人相談の時間をとるため定員は6名です。
授業のテーマは3つ。
1、ママと子が幸せになるための子育ての基礎基本
2、現在、抱えている困りごとを解決するための基礎基本
3、新時代の子育てに必須となる基礎基本






テーマ/子育ての基礎

子育ては簡単だと思って出産し、思いがけないほどの多忙さや苦労、心配や不安、
さらに孤独感などから産んだことを後悔するママは少なくありません。
そして、どうしようもなくなり開き直って育てるから、子どもが少しづつおかしくなるのです。
その主因は「子育てでとても大切な子育ての基礎・基本」をほとんど知らないことです。

健常に生まれた子どもには「どの子でも驚異的、天才的、奇跡的に
働く潜在能力」が備わっています。
だから0歳期から、基礎基本通りに育てると「その驚異的、
天才的、奇跡的な潜在能力」が少しづつ亢進するようになっています。

今回のテーマとなる「子育ての基礎基本」こそが、
・子どもと幸せになりたい
・今、悩んでいることを好転させて楽になりたい
・新時代の子育てを知って不安をなくし、子どもをすくすく育てたい…。
というママたちの思いや願いを叶える思考力と対応力を生み出すのです。

ここでは、わが子の潜在能力を高め、新時代に幸せに生きていける若者に育てるために必須の、
思考力と対応力を生み出す「子育ての基礎基本」を学んでいただきます。


内容の一部

この授業は「ママの子育て思考力を覚醒させ、対応力を高め」ます。
・子育ての目的=適切な子育ての意味がわかります。
・子育ての原則=適切な子育ての核がわかります。
・成長と発達の原則=適切な子育てのルールがわかります。
・強化の原則=適切な子育てに必須の心理の基本がわかります。
・ほかに子育ての期限、親の姿勢、言葉の力、ほめると叱る、わが子の命を守る…など。
これらの基礎知識が備わるだけで目からうろこがはがれるように、
母性と対応力がよみがえります。
そしてスッキリした気持ちで3つのテーマを叶える子育て力が備わります。



森ママスクール.jpg

■教室コース

・10月の開催日
 10月23日 10時30分~12時30分
 10月28日 10時30分~12時30分
・1回/概ね2時間
・テキスト使用
・受講料/9.800円
・場所/早稲田教室
・定員/6名
 先着次第締きり


申し込みは電話かFAXで
特典
終了後、希望者は先生への質問や相談ができます。
事前にご相談ください。



名称未設定-8.png




名称未設定-12.png

ママスクールを主催する
日本子育て力検定協会は新時代が求める一般社団法人です。



子どもはお母さんを選べません。
子どもの一生や幸・不幸を、運・不運を左右するのはお母さんしだいなのです。

健常に生まれた子どもの性格や能力に差はありません。


かけがえのないわが子のために、
そして身を、心を、命を削りながら育むお母さんへ安心と笑顔を届けたい。
そして幸福と満足を味わってほしい。
大切な子どもたちには健やかな未来を与えてほしい。

母と子の幸せづくりはお母さんの子育て力アップから。
ママスクールをおすすめします。

AN171赤ちゃん.jpg



母と子の幸せづくりのため、
新時代が求める子育て力(思考力と対応力など)を備えてほしいものです。



AN0赤ちゃん.jpg子育て中のお母さんたちが、迷いや不安、疑問や問題が絶えない原因の1つは、子育ての知識と自信のなさです。
若いお母さんの多くは、母子がともに幸せになる育てかたを学ぶ場も、機会も与えられず、自身の育てられ方が参考にならない方もいるからです。だから知識や自信がない責任はお母さんにはありません。

最後に、2020年度から始まる新入試制度は、これから社会で求められる人材(健やかに生きる人間性、適応力や対応力など)を評価基準とするものです。
それは人間の記憶力や暗記力、計算力を超越するAIが進化普及する時代になって、これまでの入試制度では低機能のAI的人材に育てられず役に立たない時代になるからです。

記憶力や暗記力、計算力は育て方でいくらでも高められます。そして健やかな思考力、適切な判断力、優れた表現力、柔軟な対応力や適応力は、長い子育ての中で少しづつ備えさせるものです。
間違っても塾や教室に通わせて、わが子の人間性や精神性を育てようなどとしないことです。
何故なら他人任せでは親と子の絆が育たないからです。
子どもとともに幸せになりたければ、ぜひママスクールに参加してみてください。


ママスクールは「一般社団法人日本子育て心理カウンセラー協会」との共催です。